<スポンサードリンク>


<スポンサードリンク>

2007年07月18日

教員免許状の種類には普通免許状、特別免許

教員免許状の種類には普通免許状、特別免許状、臨時免許状の3種類があります。平成16年10月1日から構造改革特別区域法の認定による特例特別免許状も新設されました。通信教育の課程で取得できる教員免許状はこのなかでも「普通免許状」だけになります。


教員免許取得の通信教育の利点としては、やはり自分の好きな時間に自分の好きなペースで学習できることです。わざわざ通わなくてもいいので場所を選ばないのも利点の一つです。また、通学で大学に通う人よりも在学期間が長いため、余裕を持って勉強が出来ることもあげられます。


この通信教育は非常に便利な制度で、多くの大学では教職課程科目を在学中に取りきれなかった場合にも適用されるのです。通常は「科目等履修生」として出身学部で受け入れがあるのですが、通信教育であれば単位取得料が安く済む場合も多く、通信教育による教員免許取得が増えています。


教員免許取得のための通信教育を支援する仕組みは様々です。例えば学生個々の都合に合わせて学べるように、スクーリング(実際に通うこと)を春・夏・秋・冬、3日間(地方)等多彩な形態・場所で開講したり、単位修得試験を全国約20都市で年間8回にわたって日曜日に実施するなど、その環境は徐々に整備されてきています。

posted by 通信教育教員免許 at 09:34| 通信教育教員免許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。