<スポンサードリンク>


<スポンサードリンク>

2007年07月19日

教員免許の申請方法には、一括申請と個人申

教員免許の申請方法には、一括申請と個人申請の2通りの方法があります。通信教育の場合は原則的に個人が申請し、その申請先は現住所のある都道府県教育委員会となります。教員免許状の申請方法は各都道府県の教育委員会により、手続方法や受付時期が異なりますので注意が必要です。


教員免許取得の通信教育の利点としては、やはり自分の好きな時間に自分の好きなペースで学習できることです。わざわざ通わなくてもいいので場所を選ばないのも利点の一つです。また、通学で大学に通う人よりも在学期間が長いため、余裕を持って勉強が出来ることもあげられます。


この通信教育は非常に便利な制度で、多くの大学では教職課程科目を在学中に取りきれなかった場合にも適用されるのです。通常は「科目等履修生」として出身学部で受け入れがあるのですが、通信教育であれば単位取得料が安く済む場合も多く、通信教育による教員免許取得が増えています。


働きながら教員免許取得のために通信教育で学ぶ学生には、所得税法の規定する「所得金額に対する勤労学生控除」が適用されます。独立した生計者で、年収130万円以下の方が対象になっています。税務署か勤務先に問い合わせれば、自分が適用されるかどうかをすぐに調べられます。こういった制度があるのも通信制の魅力といえるでしょう。

posted by 通信教育教員免許 at 09:34| 通信教育教員免許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。